企業から個人へ推移

企業相手だからこその安心感が評価された

中古車買取を利用するうえで方法選択の重要なポイントとなっていたのは「安定感」でした。中古車買取業者を利用した方法はプロによる査定や相場を基準とした金額決定などの理由から安定感が高く、今でも多くの方が利用している方法です。しかし、過去には現在のような専門的な中古車買取業者が存在しておらず、ディーラーや中古販売店を利用して買取りや下取りを利用するという方法しかありませんでしたので、中古車買取価格に関しても企業本位のものになっていました。その後、専門的な業者が登場したことによって市場が拡大され、徐々にユーザにとっても大きなメリットがある状況に変化してきました。これはある意味で時代に沿った展開とも言えます。

対企業から対個人へ変化していく

ユーザーにとってのメリットが大きくなったとはいっても、中古車買取り専門業者という企業を相手にしている以上は結局のところ企業優位の状況であったと言えます。しかし、最近では企業対個人で行う従来型の中古車売買から、個人対個人で行う中古車売買へと変化してきています。ネットやスマホユーザーの増加による影響が大きいと言えますが、今後は更に個人間取引の利用者が増えていきそうです。個人間取引の場合、基本的にはネットを媒介とした方法が利用されます。今では個人売買の斡旋サイトやオークションが代表的ですが、今後はより中古車売買に特化した方法が登場してくるかもしない状況になっています。中古車売買は非常に大きな市場であるため、今後は大きな変化も期待されます。